イクオスはつむじの薄毛にも効果が期待できる理由

自分の頭を鏡で見たとき、ふと額が広くなったように感じたり、額の両端が深く剃り込みを入れたようになっていたりするのを見て「あれ?…」と感じることはありませんか。

 

こんな風に鏡で確認できる部分の薄毛はすぐに対処し始めるので、改善が早い場合もありますが、問題はつむじ周りの頭頂部です。

 

シャンプーをしているときに気付く人もいますが、周りから指摘されて気付くこともあります。頭頂部の場合、帽子などで隠せることもあり、中にはしばらく放ってしまう人もいますが、頭頂部こそ早めに対策すると薄毛が改善されることが多いところです。

 

◆つむじ周りと生え際では薄毛の原因が違う?

イクオスはつむじの薄毛にも効果が期待できる理由

 

薄毛や抜け毛の原因と言えばAGAが一番に上げられます。生え際は、AGAの原因になる脱毛酵素の5αリダクターゼが集まりやすく、DHTに変化しやすいため薄毛になりやすいのですが、つむじ周りの頭頂部は5αリダクターゼが比較的少ないといわれているため、薄毛の原因は別にあるといわれています。

 

5αリダクターゼの量は遺伝も関係するそうで、親族に薄毛の人が多い場合は5αリダクターゼの分泌量が多い家系と考えられるため、つむじ周りの薄毛も避けられないようです。

 

ですが、親族に薄毛の人がいないのにも関わらず、つむじ周りの薄毛に悩まされた場合は、別な原因が考えられます。

 

◆生活習慣を見直してイクオスでつむじの薄毛に対処

イクオスはつむじの薄毛にも効果が期待できる理由

 

社会人になると毎日の仕事に追われ、運動不足になりがちです。今はだいぶ禁煙する人が増え、タバコを吸う人が減りましたがまだまだ喫煙者は存在しますが、タバコも薄毛にはよくありません。

 

どちらも血行を悪くするため、栄養が髪まで届きにくくなります。結果、毛母細胞の活動が下がり、薄毛や抜け毛に繋がるようです。

 

整髪料やヘアカラーも髪だけでなく頭皮に負担をかけます。特に整髪料を付けているとシャンプーをしっかり行いがちですが、洗い過ぎも頭皮にはよくありません。毛穴からは自前のクリームがでて肌を保湿するようにできているのですが、洗い過ぎることで逆に脂が出過ぎて毛穴を防いでしまい、髪がベタついているのに頭皮は乾燥している最悪の状態になってしまいます。

 

イクオスは、頭皮に付けるだけでなく、正しいシャンプーとマッサージを併用することで、しっかりと成分を頭皮に浸透させて、育毛だけでなく、頭皮の環境を整えてくれる働きが期待できるため、つむじ周りの薄毛に効果が期待できます。

 

 

◆まとめ

 

つむじ周りの薄毛や抜け毛は、AGAが原因の場合もありますが、生活習慣を見直して育毛剤を取り入れることで改善できそうです。イクオスは頭皮の環境も整えてくれる成分がたくさん配合されているので、正しく使い続ければ薄毛に効果が期待できそうです。

 

公式サイトはこちら
イクオス
http://iqos-official.jp/