イクオスにも初期脱毛はある?使い続けても心配ない?

育毛剤を使う目的は、言うまでもなく「髪の毛を生やす」ことですよね。ですが、育毛剤や育毛治療のために薬を服用したことで、いつもより抜け毛が増えたように感じることがあります。

 

特に、使い始めてほどなくしたら抜け毛が増えたり、ハゲてきてしまったりすることがあります。育毛剤なのになぜ?と不安になりますが、それは「初期脱毛」と呼ばれるもので、育毛剤を使った人がよく経験することです。

 

同じような現象に、体調を整えるために漢方を飲み始め、身体に発疹が出てしまったりするという話しもよく聞くことがありますが、これは好転反応と呼ばれるもので、悪い部分を全て出し切ることで身体がよい方向へ向かうことと似ています。

 

◆なぜ初期脱毛が起こるのか

 

そもそも髪の毛は、3〜6年かけて成長したら退行期へ入り、休止期に移り脱毛というヘアサイクルを送ります。

 

自然とそのサイクルを送るようになっていたところへ育毛剤が使われ、元気な髪の毛が生えようとするため、生えていた髪を押し出してしまいます。とはいえ、その押し出された髪は、元気な髪ではなく、退行期の髪か退行期に入ろうとしている髪の毛のはず。

 

脱毛という言葉が使われているため、ごっそり髪の毛が抜けてしまうイメージが湧きますが、実際は「いつもよりちょっと抜け毛が多いかな?」くらいです。期間も短い人で10日、長い人でも1ヶ月ほどで収まりますので、あまり心配する必要はありません。

 

ただし、明らかにいつもよりも抜け毛の量が多かったり、1ヶ月以上抜け毛が続いたり、頭がやたらにかゆかったり、痛みが伴ったりしている場合は、育毛剤が合わないことが考えられますので、早めに医師に相談してください。

 

◆イクオスの初期脱毛が気になる

イクオスにも初期脱毛はある?使い続けても心配ない?

 

イクオスに使われている成分はほとんど天然由来のもので、男性だけでなく女性でも使える育毛剤です。

 

リニューアル後に配合されているAlgas-2(アルガス-2)も、一見化学物質のように感じますが、天然の海藻エキスを独自に調合したもので、身体に害のある成分ではありません。

 

イクオスには、頭皮の荒れや炎症を抑えたり、清潔に保ったりする働きが期待できる成分や、血行を促進し酸化を抑えてくれる働きが期待できる成分も含まれていて、髪の毛が生えやすいように頭皮の環境を整えてくれる働きが期待でます。

 

髪の健康だけでなく、頭皮の環境のことも考えられて作られているイクオスなので、初期脱毛も起こりにくいようですが、それでも、まったく起こらないわけではありません。

 

実際にイクオスで初期脱毛を経験した人もいるようです。ですが、そこで使うのを止めてしまうのはもったいないです。先にも書きましたが、初期脱毛の期間は長くても1ヶ月ほど。かゆみなどが起こっていない限りは使い続けてください。

 

◆まとめ

 

育毛剤と初期脱毛は切っても切れない縁のようです。イクオスは初期脱毛が起こりにくい育毛剤ですが、それでも全く起こらないということはありません。ですが、初期脱毛は良い兆候です。そこで諦めずに使い続けるようにしてください。

 

公式サイトはこちら
イクオス
http://iqos-official.jp/