イクオスを使ったらかゆみが出た場合の原因と対処法

天然由来の成分で作られているイクオスは、女性や妊婦でも使えるほど肌への刺激が少ない育毛剤として人気を集めています。

 

ですが、どんな製品でも100%はありえません。イクオスで使われている成分は植物由来のものがほとんどですが、だからと言って誰にでも使えるというわけでもないようです。

 

イクオスを使ったことでかゆみやかぶれを起こしてしまうこともあるようですが、その原因やかゆみを引き起こしてしまったときの対処法などを調べてみました。

 

◆頭皮がかゆみを起こす原因

イクオスを使ったらかゆみが出た場合の原因と対処法

 

頭皮にかゆみを感じたことがある人は少なくないですが、その原因は頭皮の雑菌が一番と言われています。

 

雑菌が増えて炎症を起こしかゆみを引き起こすのですが、この炎症にはいろいろな症状があり、皮脂汚れ、乾燥、アレルギー性が考えられます。

 

アレルギー性の場合、何に対してアレルギーを起こすのかを知っておく必要があるため、専門医に相談することが一番ですが、皮脂汚れや乾燥に対しては、シャンプーの方法が間違っている場合があります。

 

予洗いを全くせず髪を濡らしただけで、シャンプーの原液を直接頭皮に付けて洗い始めたり、爪を立てて洗っていたり、すすぎが足りていなかったりすると自分ではしっかり洗ったつもりでも、汚れが頭皮に残ったままのことがあります。

 

◆イクオスでかゆみを起こすことがある理由

イクオスを使ったらかゆみが出た場合の原因と対処法

 

そもそも薄毛になる原因は、遺伝やストレスがよく上げられますが、頭皮の環境が悪いことも原因として考えられます。

 

薄毛や抜け毛の対策のためにイクオスを使い始めたものの、かゆみを感じる人も中にはいます。ですが、かゆみの原因は人によって違うもの。

 

使い始める前から頭皮にキズがあったり、湿疹がある人はかゆみが出てしまうのは当然ですが、イクオスを付けるとき爪を立ててしまったり、ゴシゴシと強くこすりつける人も頭皮を傷つけてしまうので、かゆみを引き起こしてしまうようです。

 

ですが、湿疹が出ているわけでも赤みが出ているわけでもないのにかゆみが出てしまうこともあるのですが、これは、頭皮が健康になろうとしていることが原因だそうです。

 

イクオスには血行を促進する効果が期待できる成分が配合されているのですが、その成分のおかげで血液の流れがスムーズになり、その刺激を受けたおかげでかゆみが出るようです。

 

この場合は、徐々にかゆみがおさまったり、2週間ほどでかゆみが止まったりするようですので、使い続けても問題はないようです。ただし、湿疹などが出た場合は、すぐに使用を止め様子を見るか、医師に相談してください。

 

 

◆まとめ

天然由来とはいえ、まったく体に影響がないわけではありません。特にアレルギー体質の人は使用前に成分表をコピーするなどして、医師に相談しましょう。かゆみの原因も人それぞれです。湿疹や赤みが出ていないか、きちんと確かめて使うようにしましょう。

 

公式サイトはこちら
イクオス
http://iqos-official.jp/