軟膏タイプの育毛剤!?直接塗りこむ「ハツモール」が円形脱毛症に効く!

育毛剤といえばノズルがついたスプレータイプが主流ですよね。
でも頭部にシューっと吹きかけて使うスプレータイプと違い、塗り薬のような感覚で使う軟膏タイプの育毛剤だってあるんです。
それがハツモール。
ちょっと変わった名前ですが、直接塗りこむその効き目は使った人が驚くほど。そんなハツモールのメリット、デメリットをご紹介します!

 

ハツモールはどんな部分に効く育毛剤??

 

一度聞いたらちょっと忘れられないような名前の育毛剤、ハツモール。実は創業昭和10年の、70年以上も発毛や育毛剤を研究、開発してきた田村治昭堂という老舗ブランドから発売されているんです。
ハツモールはかなり歴史のある育毛剤だったんですよね!

 

ハツモールは塗布タイプ、内服錠タイプ、軟膏タイプがありますが、今回注目したのは軟膏タイプのハツモール。強力ベハールングSといいます。

 

塗り薬の育毛剤ってちょっと珍しいと思いませんか??ただ、気になる部分に直接塗りこむことが出来るので、マッサージがてら塗りこむと効果の出方が驚くほど違う、と口コミにもあるほど。

 

ハツモールは円形脱毛症や生え際が気になる人、部分的に脱毛してしまった人や産後など女性ホルモン不足で薄毛になってしまった人などに効果があります。

 

直接塗るので、患部への保湿効果や密着度はスプレータイプよりもかなり高いのが特徴。
液剤と併用しても使えるので、髪全体には液剤を、部分的にさらに気になる場所へは軟膏を…と使い分けられるのも魅力の1つですよね。

 

軟膏型ハツモールのデメリットはこれ!

 

ただ、軟膏タイプのハツモールには「ベタつきが出やすい」というデメリットがあります。

 

頭皮に直接塗りこんでからマッサージを施す使用方法なので、髪にハツモールがついてしまいベタッとする、という意見も多いのが軟膏タイプ。

 

直接患部に塗ることが出来るメリットと、ベタつきのデメリット。
比較してみるとメリットの方が勝るハツモールなのですが、やはりベタつきが気になる人にとっては使い難い育毛剤なのかもしれません。

 

スプレータイプのように液ダレはせず、伸びが良いハツモール軟膏タイプ。円形脱毛症など特殊な薄毛には塗りやすく使い勝手の良い商品。
1つあれば数ヶ月は持つようなので、コスパのことを考えてもメリットは多い育毛剤です。

 

http://item.rakuten.co.jp/youplus-r/j4975446622184/