植毛は危険!植毛を考える人に読んで欲しいデメリット!

髪の毛の薄毛・抜け毛で、悩んでいる方にとって、「植毛」を考える機会もあると思います。
やっぱり、このままでは・・・何か対策を取りたいし、かといって、「かつら」は何となく抵抗がある。
そういった方が、「植毛」を考えるのではないでしょうか?

 

 

今、植毛の方法としてあるのが、「人工植毛」と「自毛植毛」です。
人工植毛は、人工の毛髪か他人の人毛を頭皮に埋め込む方法です。
地毛植毛は、自分の髪の毛のある部分(側頭部や後頭部など)から頭皮を髪の毛ごと、髪の毛の薄い部分に移植する方法です。
言わば、手術です。

 

 

髪の毛を植えれば、一生もので、悩みも解決されると思いがちですが、これらの方法には、デメリットもあります。
ここでは、そのデメリットをお伝えし、これから薄毛・抜け毛対策をされる方の参考にしていただけたらと思います。

 

 

 

★人工植毛のデメリット

 

人工植毛で、よくあるトラブルが「炎症」です。
人工植毛は、ナイロンなどで作られた人工毛を、頭皮の毛根にあたる部分に埋めて、固定させていくのですが、植毛して、数日後から猛烈なかゆみが出て、かきむしり、その結果、炎症を起こして、化膿してしまうトラブルが多いそうです。
せっかく、高いお金をかけて、大切な頭皮を傷つけ、結果も出なくては、意味がありませんよね。

 

 

 

★自毛植毛のデメリット

 

では、自毛植毛はどうかというと、これは外科手術になるので、リスクがあり、傷跡も残ります。
また、1度にたくさん植毛できないため、複数回にわたっての手術が必要になり、費用もかかります。
植毛した周囲の既存の髪の毛が、逆に抜けてしまったり、髪の毛が生えなくなってしまったりという可能性もあるようです。
これでは、もとも子もないですね。

 

 

 

 

★まずは、自力で生やすことを考えませんか?

 

リスクを負って、自分を傷つけてしまっては、悲しいですよね。
まずは、「育毛剤」を使って、自分の髪の毛を生やすこと、育てることを考えてみませんか?

 

薬用の育毛剤に「イクオス」があります。
イクオスは、植物成分を豊富に含み、無添加・無香料・無着色で頭皮にも優しい育毛剤です。
それでいて、効果の実感が早く感じられるので、人気があります。

 

ぜひ、安心な「薄毛・抜け毛対策」を選んでくださいね。

 

トップページ

 

関連ページ

20代女性で薄毛になった人、集まれ〜【対策公開】
恥ずかしくて誰にも相談できない薄毛の悩み・・・その原因や対策の情報を公開します!
薄毛・ハゲにまつわる噂・都市伝説
気になる薄毛・ハゲなどの髪の毛に関する噂の事実はどうなのか、科学的に検証してみます。
デメリットはあるの?育毛剤にむいてる人と向いていない人
デメリットはあるの?育毛剤にむいてる人と向いていない人
育毛剤が効かない人にはこんな理由があった
育毛剤が効かない人にはこんな理由があった