イクオスは20代の薄毛にも効果あり!?その理由とは

薄毛や抜け毛は、男性にとって悩みのひとつですが、特に20代の男性にとっては大きな悩みではないでしょうか。

 

男性の薄毛や抜け毛の原因にAGAがよく上げられ、専門医への相談を促すCMが流れているほどですが、20代でAGAを発症する確率は6%だそうです。

 

AGAを発症する原因が男性ホルモンであることはよく知られているので、男性ホルモンの分泌が活発な20代の男性がAGAを発症しないのはなぜ?と考える人もいますが、男性ホルモンのテストステロンそのものは悪者ではなく、年齢と共にテストステロンが減ることにより、その減った分を補おうと5α-リダクターゼという酵素がテストステロンと結合してDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに変化します。

 

これがやっかいなホルモンで脱毛作用を持っていて、さらにアンドロゲンレセプターと呼ばれる受容体がDHTを受け取ることで脱毛の指令をだす脱毛因子に変わるそうです。

 

◆20代前半での脱毛原因

イクオスは20代の薄毛にも効果あり!?その理由とは

 

今までどんな生活をしてきたかで、体の変化が人によって変わります。

 

規則正しく生活を送っていたなら、薄毛などにあまり悩まされることなく育毛剤のお世話になることもありませんが、変則的な食生活や睡眠不足が続く生活を送り、そのまま20代に突入すると、さらに薄毛に悩まされることになります。

 

20代に入りお酒を飲み始めたり、人によってはタバコを吸い始めたりする人もいますが、お酒は髪の毛の成長に必要なビタミンなどを別なところで消費してしまい、良質な睡眠もとれなくなるため、新陳代謝がうまくいかず抜け毛の原因になることがあります。

 

タバコは血管を収縮させてしまうので、血液の流れが悪くなり大切な頭皮まで栄養が届かず、毛母細胞が休止してしまうことがあります。

 

さらに、社会へ出て働き始めるのも20代前半ですが、慣れない仕事や上司との付き合いで、ストレスをさらに貯めやすくなることもあります。これも薄毛や抜け毛の原因です。

 

◆イクオスは20代前半と後半で変わる脱毛の原因に効果が期待できる

イクオスは20代の薄毛にも効果あり!?その理由とは

 

20代前半はテストステロンの分泌が活発ですが、後半になると減ってきます。減り方は個人で違いますが、減らない人はいません。テストステロンが減ってくるとDHTが気になってきますが、イクオスはクワエキスやゴボウエキス、ローマカミツレエキスが配合されているため、脱毛因子をブロックしてくれる効果が期待できます。

 

20代前半の薄毛や抜け毛は、センブリエキスやニンニクエキスなど血行を促進してくれる効果が期待できる成分や、カンゾウ葉エキスや加水分解コラーゲンなどの保湿効果が期待できる成分のおかげで頭皮の環境が整い、薄毛や抜け毛に効果が期待できそうです。

 

 

◆まとめ

 

イクオスは年を重ねた人に最適な育毛剤のイメージがありますが、実は20代から30代にかけてホルモンのバランスが変わる男性にピッタリな育毛剤です。生活環境による薄毛にはもちろん、男性ホルモンが原因の薄毛にも効果が期待できるイクオスは、早めに使えばより効果を実感しやすいようです。気になる人は一度試してみませんか?

 

公式サイトはこちら
イクオス
http://iqos-official.jp/